産後ケア(宿泊型・日帰り型)事業のご案内

■産後ケア事業とは
産後ケア事業とは、「出産後、家族などの手伝いがない」「授乳がうまくいかない」「体調がよくない」など、出産後のサポートが必要なお母さんが、医療機関で助産師のケアや授乳のアドバイスが受けられ、休息を取ることができる事業です。

■利用できる方
 以下の全てに当てはまるお母さんと乳児
 ○武蔵野市民(利用時に住民登録のある方)
 ○ご家族などからの援助が受けられない
 ○体調不良や授乳・育児について不安がある
 ○下記の対象者であること
武蔵野赤十字病院(宿泊型):生後8週間(生後57日未満)の乳児と初産婦 
むさしのレディースクリニック(日帰り型):生後4か月未満の乳児とその母
*発熱等感染症のおそれがある方、医療行為の必要な方の利用はできません。

■利用方法
妊娠8か月(28週)以降に妊婦本人が健康課に登録申請し、2週間前後で利用登録書が健康課から送付されます。出産後、利用希望する施設へ利用者が連絡し、予約をして下さい。

利用料金・利用時間や、利用登録申請方法などの詳細につきましては、市のホームページからご確認ください。
市ホームページ:産後ケア(宿泊型・日帰り型)事業のご案内

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP